わんちゃんねこちゃんの介護の現場より

第49回「シニアになってからの健診が怖いんです!」

ペットケアステーション大阪代表の杉原真理さんのペットの介護(動物介護)に関するコラムです。

堺市を中心に高齢のわんちゃん、猫ちゃんの訪問介護のお仕事をされている、ペットケアステーション大阪代表の杉原真理さんより、ペットの介護についてお話し頂きます。


読者の皆様、如何お過ごしですか?
あなたの街の老犬・老猫サポーター、ペットケア専門士の杉原真理です。

さて、5月も終わり、これからはジメジメとした梅雨の季節になりますね。
今年は、花粉も桜も例年に比べて早かったようですが、梅雨入りの方も早くなりそうですね。

とは言っても、梅雨明けすると、いよいよ散歩には辛い暑~い夏。
屋内外で熱中症に気を付けなければならない季節になりますね。

さて、4月、5月といえば新学期、新年度という所も多く、学校や会社でも健康診断(検診)の時期だったかと思います。
勿論、ワンちゃん(ペット)にも健診はありますが、本日のテーマは、そんなペットの健診に関するお話しで、 「シニアになってからの健診が怖いんです!」です。

先日、14歳になる老犬ちゃんの飼い主さんとお話ししていた時のことです。
このワンちゃん、シニアになってからのトリミングのお客様でして、気管の持病はありますが、見た目は14歳とは思えない(?)程元気に見える小型犬なんですね。

お話しが始まってしばらくした時、次のような話題を振られたのでした。「先日、健診を受けたんですけど。。。。。。悪いところが見つかってしまって。。。」とおっしゃったのでした。
そして続けて、「実は、数年前(シニアの頃)にも、胃に腫瘍があることが判って手術をしました。その時は結果的に良性でよかったんですが、今回の健診で、また胃に腫瘍が2つ見つかった、と言われまして。。。 」「先生からは、手術するかそれともこのまま様子を観るか早く決断をするよう言われているんですけど。。。」

そうお話しするお顔は、少し暗くなったように感じられたのでした。(ちなみに、良性か悪性かは手術しないと分からないとのこと)

見た目はとても元気そうに見えるのですが、そこは高齢犬。やはり、この歳になると検査で悪い箇所もけっこう見つかるんですよね。
飼い主さんは、若ければちゅうちょせずに手術を選ばれたとのことですが、今回は、14歳の高齢犬で、しかも気管に持病がある。なので、無事に手術を終えることができるか、今、見た目が元気に見えるだけに、とても心配とのことでした。

ちなみに、数年前シニアに成り立てだった頃に胃の手術をした時、勿論今よりもずっと若かったんですが、実は術後回復に結構時間が掛かったとのこと。
入退院を繰り返したり、一時期ご飯を食べなかったり、、、と色々あって、
元の状態に戻るまでに1ヶ月近くかかったそうです。

そういったこともあって、「この年で手術して、大丈夫だろうか?」「今までのような生活が送れるだろうか?」と非常に不安で手術を躊躇している、とおっしゃられたのでした。
そして最後に飼い主さんが、ぽつりとおっしゃったのが、「このまま17才位まで何事もなく、老衰で自然に旅立ってくれるんだろうということを疑っていなかったんですけどねぇ。どうやら、そう簡単にはいかないようです。。。」

ただ、飼い主さんは、これからも元気でいてくれるハズと思いつつも、いつか、今回のように健診結果で何か宣告をされるのでは。。。と、心の中ではずっと不安があったそうです。

若い頃は、健診しても健診結果を聞く時でも、そんなにドキドキしていなかったのですが、シニア、そして老犬になるにつれ、何か健診をするたびに、「どこか悪いことを言われるのではないか?」と、検査を受ける、検査結果を聞くこと自体が段々と怖くなってきた、とのことでした。

今回飼い主さんのお話を聞いていて、勿論実際に介護状態になって自身の生活を圧迫する。。。など、実際の負担からくるストレスは良く聞きますが、今回のようにシニア、老犬(老猫)となると、目に見えない不安からのストレスも色々あるんだろうなぁ。。。と思ったのでした。

実際飼い主さんからお話しを聞くと、多少の程度の差はあるにしても、確かにこれはあるかなぁ、と思ったのでした。

では、その多少の差はなんだろう。。。と考えた時に、「覚悟」にあるのではないか、と想像したのでした。

実際に高齢犬になると、皆さん表向きにはある程度覚悟をされているかと思います。ただ、実際にその時が来て深刻な事態を目の当たりにすると、先々のことを含めて心配して、怖い気持ちになっちゃうんですよね。

今回この飼い主さんがどのような決断をされるのかはいまはまだ分かりませんが、私が出来ることは、飼い主さんの決断を尊重(理解)してあげて、その決断の元で、実際にお手伝い出来る事があれば、お手伝いさせていたく。でしょうかね?

勿論、お手伝いの中には、お話をお聞きする、お気持ちに寄り添う。。。といった、マインドに対するサポートもあるかと思います。
実際、これまでに飼い主さんと接してきた経験からも、お話しをお聞きすることで気持ちが落ち着かれた、と感謝されることも多かったです。

それでは、今回はここまでと言うことで、
次回、またお会いしましょう!!

バックナンバー

プロフィール

ペットケアステーション大阪	代表 杉原真理

ペットケアステーション大阪 代表 杉原真理
大阪府堺市堺区香ヶ丘町2-7-11
HPはこちら

お知らせ

1)年末年始のお預かり、訪問サービスのお問合せはお早めに!!

今年は、シニア(特に10歳以上)のワンちゃん、ネコちゃんで、お預かり(ホテル)、訪問(シッター)の予約が早々に埋まっています。

10月も大変多くのお客様からご予約をいただいてまして、年末年始のご予約も常連さんを中心にほぼ埋まってきました。

勿論、お世話(ケア)が必要なワンちゃん、ネコちゃんも承ってますので、ご予定がある場合は、お早めにお問合せ、ご相談下さいね。
(ワンちゃん、ネコちゃんの状態、地域によりお受けできない場合がございます)

ペット介護の専門家による安心・安全のお世話(ケア)で大変好評をいただき、リピート率が90%以上なのが当店の自慢です!!
(諸事情によりやむをえず継続不可の場合もございます)

(お預かり(ペットホテル)のページはこちら)
http://petcare-station.com/hotel.html

(訪問(ペットシッター、訪問介護)のページはこちら)
http://petcare-station.com/sitter.html
http://petcare-station.com/kaigo.html

(その他サービスはこちらから)
http://petcare-station.com/index.html

1) Line@始めました。現在、お友達募集中!!

コラムをご愛読いただいている皆様へ。
ペットケアステーション大阪では公式メルマガ(週刊)を発行しています。
<公式メルマガ登録フォームはコチラ↓>
https://sail-ex.jp/fx2787/7

公式メルマガでは、毎週、杉原真理がペット介護現場(お仕事)で感じたこと、
考えさせられた出来事から飼い主さんとペットの微笑ましいエピソード、そして、
面白情報や杉原真理、独断(笑)のお薦め商品 などなど

高齢ペット(主に犬、時々、猫)に関して色々と情報発信をしています。
(本コラム記事もこういった情報発信した内容の一部から選んでいます)

ただ、最近は以下のような理由からメールが届きにくくなっているようです。

 ・迷惑メールに入っていた

 ・気づかずに消しちゃったかも

 ・探しても無いです(届いてません)   などなど

そこで、公式メルマガも継続しつつ、新たに公式Line@を立ち上げました!

公式Line@では、LINEの特徴を活かしたタイムリーな発信や、
クーポンやお得情報など、柔軟な運用にチャレンジする予定です。
勿論、週に多くても2~3通位でガンガン発信しません(出来ません)ので、ご安心下さい。

<公式Line@登録はコチラ↓>
まずは、お友達申請して下さいね↓
◆PCの方はコチラ↓
http://qr-official.line.me/L/x1-ci0YOWf.png
ID検索:@xhw4216b (@も入れて検索)
◆スマホの方はコチラ↓
https://line.me/R/ti/p/%40xhw4216b

<いやいや、メルマガで十分という方はコチラ↓>
https://sail-ex.jp/fx2787/7

こちらもおすすめ

バックナンバー

ペットフォトコンテスト

page top