わんちゃんねこちゃんの介護の現場より

第44回「シニア犬にとって冬場の〇〇〇は要注意!!」

ペットケアステーション大阪代表の杉原真理さんのペットの介護(動物介護)に関するコラムです。

堺市を中心に高齢のわんちゃん、猫ちゃんの訪問介護のお仕事をされている、ペットケアステーション大阪代表の杉原真理さんより、ペットの介護についてお話し頂きます。


読者の皆様、如何お過ごしですか?
あなたの街の老犬・老猫サポーター、ペットケア専門士の杉原真理です。

冬も本番で、寒い日が続いてますね。
人の場合、寒さは耐えられるけど、暑さはムリ!そんな声を良く聞きますが、ワンちゃんの場合はどうでしょう?なにせ、厚い毛皮で守られていますし、一昔前までは屋外の犬小屋が普通だったので、やっぱり「暑さの方がムリ!」そう思われているのではないでしょうか?

今回は、そんな寒い今日この頃にまつわるテーマ、「シニア犬にとって冬場の○○○は要注意!!」です。

12月も中旬に差し掛かり急に寒くなった頃、私のお客様の高齢ワンちゃんも「体調が悪くなった」との報告や、また、とても悲しいことなのですが天国へと旅立ったという報告をいただくこともありました。
夏場だと熱中症になってはいけないと思い、比較的、クーラーを使う頻度も多いのですが、冬は昼間などちょっと暖かいと暖房を切り、そして、かなり寒くなったなーと感じてからエアコンをつける方も多いのでないでしょうか?

実は、シニア犬の場合、夏場よりも冬場のほうが体に負担がかかる事が多いんです。人でもそうですが、冬になると乾燥してインフルエンザなどの疾患が流行りますし、高齢者だとお風呂に入る時の気温差から脳梗塞になったりと、冬のほうが体調を崩すケースがかなり多いかと思います。

シニア犬も同じで、若い頃は寒がらなかったワンちゃんが「シニアになってから急に寒がるようになってきたんです。」というお声もよくお聞きします。

ワンちゃんを飼っていらっしゃる読者の皆様はご存知かと思いますが、ワンちゃんの場合、成犬になってからは1年で人の4倍、歳をとります。1年経過することは人で言うと4年経過したことと同じなんですね。つまり、昨年の冬から今年の冬は人の場合は1年ですが、ワンちゃんの場合は実に4年越しの冬になるのです。
なので、昨年の冬と今年の冬では「全く違う対応が求められる」ということも普通にあるワケです。

ちなみに、シニア犬になると、老化から様々な感覚が鈍くなるので、実際は体が冷えているのに寒く感じにくくなって、愛犬が寒がらない、ということもあります。そんな場合、「うちはシニアだけど寒がってないので大丈夫!」と思ってなにも対策をせずにいると、低体温症になっていた、ということもあるワケです。

特に注意しなければならないのは、高齢化によって体温調節に影響するような病気を患っている場合です。例えば心臓病を患っていると、気温差は心臓に直接負担がかかります。なので、シニアの場合は冬場の保温対策は本当に大切になってきます。
一戸建ての場合、暖かいお部屋とそうでない廊下などでは予想以上に気温差がでます。つまり、「屋外ではないから。。。」と油断していると、たとえ屋外に出なくても、家の中を移動するだけで気温差を実感し、体にこたえることがあります。(夏場、屋内でも熱中症になるというのと同じでしょうか?)

エアコンをつけるかどうか悩んだ時は、とりあえず暖かいお洋服をワンちゃんに着せる、特に、毛が薄くなっているお腹周りを保護するようにするだけでも、気温差の対策になるかと思います。
あと、あるお部屋(リビングなど)だけが極端に暖かすぎるのも、逆に他の部屋との気温差に大きく影響するので、これから冬本番に向けて、色々と注意してみて下さいね。

あっ、遅れましたが、今回のテーマの『○○○』は、『気温差』でした(^_^;)。

それでは、今回はここまでと言うことで。
次回、またお会いしましょう!!

バックナンバー

プロフィール

ペットケアステーション大阪	代表 杉原真理

ペットケアステーション大阪 代表 杉原真理
大阪府堺市堺区香ヶ丘町2-7-11
HPはこちら

お知らせ

1) ペットケア専門士養成講座
2018年、ペットケア専門士養成講座春期生の募集が始まります!
年2回、開催してきたペットケアの専門家育成講座。今回で、いよいよ累計100名を越えることなります(現在99名)。

『なぜ、100名近くもペットケアの専門家を輩出出来たのか?』
『なぜ、一人の脱落者もなく高い満足度を維持しているのか?』

そのカラクリを知りたい方は勿論、介護現場を通して、実践技術を直接学びたい方、約10年間に培ってきたペット介護のスキル、ノウハウを修得されたい方は、ぜひ実際にご確認下さい。

あと、最近のトピックスですが、ペット業界への卒業生の就活(就職)実績が増えています。
『ペット(ペットケア)業界でバリバリと働いてみたい!!』そんな方も、ぜひ一度ご確認下さいね。
http://petcare-station.com/kouza2015.html

2) 2018年、トリミングメニューをリニューアル予定です!
最近は本当にシニアのワンちゃんのトリミング、増えています。
当店では以前よりシニア犬に対応したトリミングサービスを提供してきましたが、2018年は、シニア犬に対応したサービスをさらに充実させたいと思っています。
第一弾として、新たなトリミングメニューの追加予定です。準備が出来ましたら、コチラでもご案内させていただきますね。
(HPはこちらから!)
http://petcare-station.com/index.html

3) サービスエリアページを随時リニューアルしています!!
ペット介護の専門家育成の「ペットケア専門士養成講座」の卒業生から開業をされる方がゾクゾク増えています。
ペット介護でご相談、ご依頼がある場合は、お近くに専門家がいないか、ぜひ一度、ご確認下さい。
活躍頂いている専門家が増えたことでHPリニューアルしています!!
http://petcare-station.com/eria.html

こちらもおすすめ

バックナンバー

ペットフォトコンテスト

page top