わんちゃんねこちゃんの介護の現場より

第1回 今、動物介護が注目を集めています。

ペットケアステーション大阪代表の杉原真理さんのペットの介護(動物介護)に関するコラムです。

堺市を中心に高齢のわんちゃん、
猫ちゃんの訪問介護のお仕事をされている、
ペットケアステーション大阪代表の杉原真理さんより、
ペットの介護についてお話し頂きます。


はじめまして。

ペットケアステーション大阪代表の杉原真理です。
私は堺市を中心に高齢のわんちゃん、猫ちゃんの訪問介護(動物介護)のお仕事をさせて頂いています。
その他にも、ペットホテル、トリミング、そして、最近はこれまでの実践経験を活かしたセミナー、人材育成、そして動物介護に関するお役立ち情報発信などさせて頂いてます。

さて、すでにご存知の方も多いと思いますが、昨年の9月1日、「改正動物愛護法」が施行されました。
そして、今回の法改正で特に注目されたのが、飼い主さんのみならず、ペット業者さんを含む動物を飼う全ての人に対して強化された「終生飼養」の義務でした。

それは、昨年9月の動物愛護週間に各地で開催された"動物愛護フェスティバル"のテーマとして、「終生飼養」が大きく掲げられたことからもご納得頂けることかと思います。
この「終生飼養」は、読んで字の如く、"終生"に渡り動物を責任を持って"飼い養う"ということなのですが、ここで"養う"という言葉が入っている事が肝です。
すなわち、単に動物を「飼う」というのではなく、キチンと"お世話"をしなければならない、という意味が含まれるからです。餌を適量与えず、お世話もせず、劣悪な環境に放置するというのは「飼養」にはあたらないのです。

そして、一度、動物を飼養すると決めたからには、例えば、「病気になったから」とか、「障害を持ったから」とか、あるいは、「高齢になって大変になったから」といった理由で動物を「終生飼養」する義務を放棄できなくなったのです。

具体的には、法改正以前は何らかの理由があれば保健所(自治体)に引き取ってもらえたが、法改正後は、こういった理由では引き取ってくれなくなった(拒否できるようになった)のです。これによって、毎年、ニュースでも取上げられてきた、保健所に持ち込まれた何万頭という動物達が悲しい結末を迎える、という現実から多くの命が救われる事になると思います。そして、この悲しい現実の一番の犠牲者だったのが、里親がみつかりにくい高齢、障害、あるいは介護といったハンデを背負っていた動物達でした。

さて、ここで問題があります。保健所がなかなか引き取ってくれないとしても、実際に飼えない場合には、飼い主さん自身で「終生飼養」をしてもらえる新しい飼い主さん(あるいは施設)を責任をもって探さねばなりません。勿論、飼えなくなったり放棄された動物達のお世話や里親を探すNPO法人といった非営利団体もあるのですが、これまでに保健所に持ち込まれていた頭数を全て受け入れられる訳ではありません。結局、多くの場合、飼い主さん自身が「終生飼養」を考えねばならないのです。

そこで、今注目されているのが、私たち高齢動物の専門家や高齢動物を対象として飼い主さんの「終生飼養」を支援するサービスを提供するペット業者さんです。

しかし。一言で「終生飼養を支援するサービス」といっても、飼い主さんによって必要とされるサービスもまちまちです。

例えば、動物介護でいいますと、
(1)飼い主さんの近くにご家族といった協力者がいる場合、自宅での介護が可能だと考えています。
このような場合に必要な支援としましては、高齢期で介護や介助が必要になった場合、自宅で介護や介助といったお世話ができるよう指導したり、実際に介護や介助をする場面で困った時や悩みがある時に相談やアドバイスができる"動物介護の専門家"だと思います。最近は動物介護(特に、犬の場合、老犬介護)に関する書籍も探せばあるのですが、やはり、本として読み"知ること"と実際に介護、介助が"できること"には大きな隔たりがあるのです。
(2)単身であったり、共働き、あるいはご家族が余り協力的でない場合、高齢化に伴う介護が始まっても単独でのお世話が難しく、このような場合に必要な支援としましては、訪問介護など、動物介護の代行といった支援が必要になります。
なぜなら、冠婚葬祭を含めた外出や、出張といったお仕事上でお世話が出来ない時でも動物の介護を休めない時があるからです。ちなみに、動物介護の代行とは、若いわんちゃんや猫ちゃんのシッターに介護サービスが付いたようなものとイメージしていただければ良いかと思います。
ただし、介護サービスをするためには専門の知識と技術が必要となります。しかも、高齢犬の場合は大体が医療的にケアが必要な事も多いので、ある程度動物医療の知識と掛かりつけの動物病院との連携といったトータルでのケアが必要になってくるのです。

そして、単独でお世話をされる場合に特に注意が必要なのが"介護疲れ"です。例えば、歩行が困難になった場合、歩行介助が必要になるだけ、とお思いかもしれませんが、歩行が困難になると、動けないため昼間寝ている時間も多くなります。それが睡眠障害や夜鳴きといった難しい問題に発展する可能性もあります。なぜならば、動物も動けないことでストレスを抱えるからです。さらに、床ずれや内臓疾患や皮膚病。。。といった色々な支障が併発する可能性もあります。
そして、夜鳴きや徘徊、さらに高齢化に伴う認知症などから、部屋中が排泄で汚れるといったことで悩みが重なってくると、飼い主さん自身が"疲れてくる"のです。これは、ご家族など協力者が近くに居ない場合、顕著に現れてきます。なぜなら、"介護"というのは先が見えない事が多いからです。これでは、とても「終生飼養」といってられる状態ではありません。
私達、動物介護の専門家のお仕事は、動物達の介護、介助のお世話(代行)は勿論ですが、実は、飼い主さんが健康に最期を看取るまでの心身共にサポートをすることなのです。ちなみに、高齢でも、まだ元気なわんちゃんの場合は、一時的に高齢犬を預かってもらう"老犬一時預かり"もあるかと思います。(現在、サービスをされている所を余り聞いた事はありませんが。。。)

(3)どうしても飼えなくなった場合、「終生飼養」を代行する施設もあります。
例えば、最近多いのが、飼い主さん自身が高齢になり自分自身が介護されたり、介護施設に入居するなどで、飼えなくなった場合です。私の所にも介護施設のケアマネの方から、飼い犬の事が気になって入居したくないと言われて困っているという相談を時々受けます。勿論、保健所には持ち込みたくない(行く末が判るので)、しかし、NPO法人や里親など引取り先がどうしても見つからない場合には、「終生飼養」を代行する"老犬ホーム"という選択肢もあります。ただ、まだまだ絶対数は少ないですね。

さて、ここまでお読み頂き、気付かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、いずれも人間の高齢者を対象とした、いわゆるシルバー産業として存在しているものばかりです。

私は、元動物看護士であると共に、元介護業界で数年勤めた経験があります。介護業界では最後は有料老人ホームの新規立上と職員のシフト管理といったマネージメントもしていました。そして、人間のシルバー産業は身近な所にあると感じていると思いますが、動物に関して、こういった動物介護のサービスを身近に感じた事はあるでしょうか?

病気に関してはどうでしょう?病気に関しては近くに動物病院を見つけるのは難しくないのではないでしょうか。

「改正動物愛護法」により、飼い主さんの「終生飼養」が法律で強化されました。
しかし、飼い主さんが「終生飼養」を全うするためには、こういった動物介護の専門家やサービスが身近に無いことが、今後、課題になってくると考えています。私自身、この事に危機感を覚え、動物介護の専門家育成に注力している理由なのです。

さて、私はこれまでに120頭以上の介護や介助が必要なわんちゃん、時には猫ちゃんのお世話をしてきました。

少なくとも、私がいままでに出会った飼い主さんは、「終生飼養」の義務だとか強化だとかに関係なく、出来るならば自宅で、そして、自分自身で最期に看取るまで、愛する家族(わんちゃん、ねこちゃん)の面倒を見てあげたいと考えていらっしゃいました。そのために、助けて下さい(手伝って下さい)と私を頼って来て頂きました。そして、飼い主さんと共に最期を看取るまでお付き合いすることになったのです。
ところで、私のお仕事は、動物病院を除けばペット業者の中でも最期を看取る可能性は高い方だと思っています。
実際、私は動物介護の依頼を受けた場合、大体は継続的にご支援させて頂いているため、何度と無く最期を看取った事があります。時には飼い主さんに付き添って、飼い主さんといっしょに最期を看取った事もありました。

さて、そこで問題と言われているのが 「ペットロス」 です。
若いわんちゃん、猫ちゃんを飼っている方は気にする事もないので、聞いた事がない方も多いかと思いますが、ペットロスを簡単に説明しますと、「ペットを失った悲しみが深すぎてその悲しみから立ち直れない状態」のことをいいます。一般で言われている症状としては、落ち込み、後悔、罪悪感などを感じて疲労感や不眠などがあります。しかも、長い人は悲しみから立ち直るのに数年かかることもあるのです。
私も職業柄、最期を看取る事が多いので、実際、飼い主さんから「ペットロス」について相談される事は多いです。しかし、不思議なこと(?)ですが、その多くの飼い主さん(全員?)が、いわゆる"ペットロス"になりませんでした。勿論、最期を看取る瞬間からしばらくの間、一時的な深い悲しみはありますが、長期化しているという話は聞いた事がありませんでした。その理由を、実際に飼い主さんと話したり、振り返ってみると、幾つか思い当たる事があります。
まずは、交通事故や突然死と違って、高齢化に伴い終生を自宅で看取る場合、ある程度、事前に心の準備(覚悟)ができるということ。そして、心の準備が出来る分、愛犬、愛猫に対して悔いが残らないよう出来ることを全てやりきる事ができ、しかも、愛犬、愛猫に対しても十分に寿命を全うしたという意識になると後悔をすることも少ないのです。

最後に、飼い主さんにもお伝えしている事なのですが、十分に悲しみを感じて、思いっきり泣くこともとても大切です。そして、きちんとお別れをすることです。泣くことを我慢すると、その事自身が後悔する事になってしまいます。

実際、後日、飼い主さんから、
「おかげさまで、してあげられる事は全てしてあげられました。後悔は何もありませんね。今は、○○ちゃんに『良く頑張ったね』、『いっぱい幸せをくれてありがとう』と本当にお礼をいいたいです。介護は実際に大変だったけど、むしろ家族(ペットではない)として繋がっているんだ、と実感できていました。亡くなった時は大泣きしましたが、今は、本当に良い想い出になっていますよ。。。」
そうなんです。ペットロスにならないために、なによりも大切な事は、「後悔しない」これに尽きるとおもいます。

そして、飼い主さんが最期に心から「ありがとう」と言える、これこそが「終生飼養」のあるべき姿ではないかと最近感じています。

バックナンバー

プロフィール

ペットケアステーション大阪	代表 杉原真理

ペットケアステーション大阪 代表 杉原真理
大阪府堺市堺区香ヶ丘町2-7-11
HPはこちら

お知らせ

1) ペットケア専門士養成講座 2017年秋期生の募集をスタートしました!!
大変お待たせしました!!
いよいよ、2017年秋期生の募集をスタートしました!!
今回も前回に増して多くのお問合せを頂いています(感謝!!)。
受講生も約90名と、いよいよ累計100名も目の前に迫ってきました。
『なぜ、100名近くもペットケアの専門家を輩出出来たのか?』
『なぜ、一人の脱落者もなく高い満足度を維持しているのか?』
そのカラクリを知りたい方は勿論、介護現場を通して、実践技術を直接学びたい方、約10年間に培ってきたペット介護のスキル、ノウハウを修得されたい方は、ぜひ、実際にご確認下さい。
あと、最近のトピックスですが、ペット業界への卒業生の就活(就職)実績が増えています。
『ペット(ペットケア)業界でバリバリと働いてみたい!!』そんな方も、ぜひ一度ご確認下さいね。
http://petcare-station.com/kouza2015.html

2) サービスエリアページを随時リニューアルしています!!
ペット介護の専門家育成の「ペットケア専門士養成講座」の卒業生から開業をされる方がゾクゾク増えています。
ペット介護でご相談、ご依頼がある場合は、お近くに専門家がいないか、ぜひ、一度、ご確認下さい。
活躍頂いている専門家が増えたことでHPリニューアルしています!!
http://petcare-station.com/eria.html

3) 夏季限定、セルフシャンプー再開しました!!
大変お待たせしました!!
冬の間お休みしていました愛犬の『セルフシャンプー』
暑い夏を前に、再開いたします!!
暑い夏は、できればシャンプーも頻繁にしてあげたいですよね。
そこで、シニア、高齢犬のセルフシャンプーご要望が最近、増えてきました。
『自分でシャンプーしたいけど、少し不安。。。』
という方にはシニア、高齢犬のプロのアドバイス付きセルフシャンプーがオススメです!!
今後に備えてご自宅で愛犬をシャンプーを出来るようにしたいと思われたら、まずはお気軽にお問い合わせください!
(セルフシャンプーのページはこちら!)http://petcare-station.com/cut.html#self

こちらもおすすめ

page top