ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

第11回 浮気をくいとめる方法

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のワンちゃんの問題行動にまつわるエッセイです。


先日、東京FMさんでお仕事をしてきました。
日曜日の午前7時から放送している「我が輩は犬である」に出演させていただいたのですが、ラジオのお仕事は初めてで、どーんとそびえ立つビルを前に、田舎者の私は圧倒されるばかり。
受付で社員証(ビジターカード)をもらい、ビル内に。
この時点ではさほど緊張していなかったものの、収録室に入ったとたんに頭は真っ白に!
会話形式で質問に答えていく……といった流れで、ディレクターさんは、ずばっと良い質問をしてくれる!
ところが緊張のあまり、自分では何をしゃべったか覚えていないという有様。
スタッフさんは『編集しますから大丈夫ですよ』とおっしゃっていましたが、果たして使える部分があるのやら。

そして、収録中まさかのできごとが!
イヌの学習の仕方の話…..と思っていたら、人間の行動の話題に!
『イヌの学習の仕方って人間と同じなんですね〜』(三項随伴生の話)というところから、子供の教育やお手伝いをしてくれない旦那さんにお手伝いをしてもらう方法をしゃべっていたら……

「浮気はどうやってくいとめるんですか?」

ひえー!!まさかの浮気ときたか!
イヌの話だけと思っていた私は、頭の中が真っ白になり、あわわ状態!
「え、浮気をくいとめる?そんなの知ってたら、私、苦労してなかったんじゃ?え?え??」という言葉が頭の中でこだましていました。
結局そのときは、ディレクターさんがうまくやり過ごしてくれたのですが、私もハッと気付いたことがありました。

私が混乱する頭の中で考えていたのは、「浮気をさせない方法」。

イヌの問題行動で悩んでいる飼い主さんも、浮気のように、困った行動(例:吠える)があると、その行動をさせないように、やめさせる方法はないかと様々な方法を考えます。
もちろんその吠える原因が明確で、吠えさせる機会を設けないことができるならばベストです。

たとえば、吠えの原因が要求吠えで、ごはんを与えるときに吠えるなど。
しかし、常に問題行動の原因がわかるという飼い主も少ないし、わかったところでそれを防げないかもしれません。
そんなときは、その行動をさせないことではなく、代わりに正しい行動を教えて、その行動を強化する。
要求吠えをするのならば、おすわりをさせて待つという行動を教える、そして静かに待っていたならば、ごはんを与えてその正しい行動を強化する。
もしくは、たまたまでもいいから、吠えなければ、「今日は吠えてない!えらいね。」とほめて、「吠えない行動」を強化する。

人間の場合も、浮気の原因がわかっていたところで、その行動をやめさせることは難しい。
メールをしているなら、携帯をとりあげる?パソコンをとりあげる?
携帯をとりあげたところで、違う方法で浮気相手に連絡はとれることでしょう。
目の前の問題を防いだところで新しい問題がでてきてしまう。じゃあどうすればいいのか?

正しい行動を強化する。
きっとこの場合は「家に帰ってくること」が正しい行動、妻にとって望ましい行動なのかもしれません。
それならば、帰ってきたときに旦那さんが食べられる美味しいごはんを用意する。
これで、家に帰ってくる行動が強化できるのかもしれません。
よく、浮気を防ぐには美味しいごはんを用意しておくというけれども、行動学の理論で考えてみると、これもあながち嘘とはいえませんね。

さて、私自身も今回、予想外の質問がきたとき、軽いパニック状態、どうやってその行動をやめさせるかと考えました。
きっと大好きな愛犬が困った行動をとりはじめたら、パニックで、どうやってその行動をやめさせればいいのかと考える飼い主さんは多いことでしょう。

悪い行動ほど目につくのに、良い行動だと忘れてしまいがちです。
困った行動をやめさせようと躍起になるよりも、正しい行動を教えて強化する、若しくはたまたまでも良いので正しい行動をとっているなら褒めて強化する!これがコツです。

さて、浮気の問題ですが、人間の浮気防止専門家(?)からは、異なった答えが返ってくるかもしれません。
私が思うには、まずは「この人といると楽しいな、いい気分になるな」って行動を強化してあげるといいのでしょうね!

さて、いつも我が家では、私が何も言わなくても、夫がゴミ捨てをしてくれているのですが、それが当たり前になりつつありました。
こんなできごとがあった次の日、私も夫に「ありがとう、いつも助かってるよ。」と感謝の気持ちを大げさに伝えてみました!
もちろん、その日の夫の態度がいつもと違ったことは言うまでもありません。
みなさんも一度騙されたと思って、お試しあれ!

バックナンバー

プロフィール

佐藤 えり奈(さとう えりな)/京都市生まれ
ペット心理行動カウンセラー/行動コンサルタント/CAPBT MEMBER
伴侶動物行動学・養成資格
Diploma in the Practical Aspetcts of Companion Animal Behaviour and Training(英国COAPE公認資格)
ミネソタ大学 理学士
University of Minnesota Twin Cities B.Sc.
生物科学部生態進化行動学科卒業(米国)

幼少の頃から、大の犬好きが高じて犬の行動カウンセラーとなる。アメリカで行動学を、イギリスで犬猫の行動心理学を学び、現在は、関西を中心に犬の心理状態を考慮しつつ、行動学をもとに問題行動を解決するペット心理行動カウンセラーとして活動中。
著書に「イヌの「困った!」を解決する」(サイエンス・アイ新書)

◇関連リンク◇
佐藤えり奈先生のホームページ → http://www.petbehaviorist.info/

こちらもおすすめ

ペットフォトコンテスト

応募受付中のプレゼント

page top