ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

第3回 費やす時間

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のワンちゃんの問題行動にまつわるエッセイです。


あなたは1日どのくらいの時間、愛犬と過ごしていますか?

「こら!何持ってるの!」、ゴミ箱からティッシュを持ってきて、得意げな顔で私の前でおすわりをするフラッフィー。ティッシュを取り上げて数分後、今度はどこから持ってきたのか空になったお菓子の袋をくわえて、私の前でまたおすわり。「ほらほら、追いかけておいで!」といわんばかりの顔で。
「どうしたの!いつもはこんなことしないのに!」
怒ってみてふと気がついた。ここ連日の雨や、自分の仕事やプライベートでバタバタしていた私は、フラッフィーとの散歩や遊ぶ時間が少なくなっていた。フラッフィーのいたずらは、声なき抗議だったのだ。

「おちつきがなくて」とか、「クッションをかじったり、次々といたずらを見つけてくる!」と愛犬の問題行動に悩む飼い主さん、まずは愛犬の1日の暮らしを考えてみてほしい。
朝起きて、ずっとケージの中なんてことはないだろうか?
そりゃ、退屈なケージの外に出てきたら、見た事も無いおもしろそうなおもちゃ(実際は違うのだけれども)や、大好きな飼い主さんがいれば、大興奮、一緒に遊んでもらうとありとあらゆる方法であなたの注意をひこうとするだろう。正直、私だったらテレビも何もない部屋に1日何時間も閉じ込められた状態だったら、外に出たとたん狂ったように遊びまくると思う。
ケージの中に閉じ込めていないからといって、寝てばかり、何のアクティビティもないようならば、こちらも問題だ。イヌは社交性があって活動的な動物だ。「遊び」や飼い主とのふれあい、そしてなにか「仕事」を与えてやる必要がある。それはコングからおやつを出すことでもいいし、おすわりやフセの練習、玄関のチャイムが鳴ったら、自分のベッドに行くといったちょっとしたトレーニングでもいい。こうしたアクティビティは、イヌにとって仕事になる。飼い犬の問題行動を嘆くまえに、あなたは最低限の、刺激がある「充実した暮らし」を愛犬にさせてあげられているだろうか?

スイスのイヌの飼い主に、1週間にイヌに費やす、ふれあう時間はどれくらいかとアンケートをとると、平均して1週間で17.5時間、要は1日2.5時間という結果が返ってきた。(Turner 1985)

しかし、カリフォルニアの獣医師を目指す学生たちは、平均して1週間に35.3時間、いいかえると1日5時間は犬に時間を費やしていると推測した。つまり、海外では理想は1日5時間、現実的には2.5時間、飼い主は犬に時間を費やしているのだ。

確かに海外では”A tired dog is a happy dog.”(疲れているイヌは幸せなイヌ)と言われるように、飼い主とたくさん散歩し、公園でイヌ同士で遊び、家に戻ると飼い主の足下で疲れて熟睡する。そんな光景はわりと海外ではお馴染みかもしれない。しかし、果たして日本ではどれくらいのイヌ達がそんな幸せな暮らしをおくっているだろうか?

飼い主が働いていたり、生活があるとなかなか難しい。しかし、私も最低1日1時間は飼い犬に時間を費やすべきだと思う。散歩をしたり、一緒におもちゃで遊んだり、ブラッシングをしたり。意外と時間はあっというまに過ぎてしまうもの。問題行動で悩む前に、まずはこのようにしっかりと犬と過ごす時間があるか確認してほしい。そして、足りていないのならば、いちど意識して、自分がテレビを観る時間を減らしたりして、飼い犬と過ごす時間を増やしてほしいのだ。そうすると、飼い犬との関係がきっと変わってくる。今日からはじめて見ませんか?

バックナンバー

プロフィール

佐藤 えり奈(さとう えりな)/京都市生まれ
ペット心理行動カウンセラー/行動コンサルタント/CAPBT MEMBER
伴侶動物行動学・養成資格
Diploma in the Practical Aspetcts of Companion Animal Behaviour and Training(英国COAPE公認資格)
ミネソタ大学 理学士
University of Minnesota Twin Cities B.Sc.
生物科学部生態進化行動学科卒業(米国)

幼少の頃から、大の犬好きが高じて犬の行動カウンセラーとなる。アメリカで行動学を、イギリスで犬猫の行動心理学を学び、現在は、関西を中心に犬の心理状態を考慮しつつ、行動学をもとに問題行動を解決するペット心理行動カウンセラーとして活動中。
著書に「イヌの「困った!」を解決する」(サイエンス・アイ新書)

◇関連リンク◇
佐藤えり奈先生のホームページ → http://www.petbehaviorist.info/

こちらもおすすめ

ペットフォトコンテスト

応募受付中のプレゼント

page top