ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

第18回 ヨーロッパ犬紀行~イタリア編~

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のワンちゃんの問題行動にまつわるエッセイです。


前回に続き、ヨーロッパ犬紀行、今回はイタリア編。
ヴェネチアとフィレンツェです。

ヴェネチアとフィレンツェは同じイタリア国内にあるにもかかわらず、雰囲気は全く違います。
水の都ヴェネチアには観光客がいっぱいです。

ヴェネチアといえば、迷路のように張り巡らされた水路を行き交うゴンドラやヴァポレット(蒸気船)が有名ですよね。
このヴァポレットは、私のような観光客にとっては遊園地の乗り物のように感じますが、実際はこのヴァポレットをバスのように使って会社に通勤している人もいるのです。
ヴェネチアに住んでいる人にとっては欠かせない交通機関なのですね。

このヴァポレット、仕事が終わって帰宅する人たちが多い夕方頃になると、やはり混んでいるのですが、そんな混みあうヴァポレット内に犬たちもおとなしく乗っています。
小型犬、特にマルチーズ系統の犬達がよく見られたフィレンツェに比べて、ヴァポレットに乗っていたのは小型犬に加え、大型犬も見られました。
ヴァポレットが駅で停まり、動き出すときにわりと揺れるのですが、犬達はほとんど動じることなくきりりと立っていたり、ふせていたりしました。

そんな中、おそらくまだ5ヶ月齢ほどだと思われるバーニーズマウンテンドッグの子犬が飼い主さんと共に乗船してきました。
ヴァポレットには乗り慣れていないのか、少し不安そうな表情を見せるバーニーズマウンテンドッグは飼い主の男性にずっと抱っこされていました。
男性もその子がかわいくてしょうがないというように、何度も何度もキスのプレゼント!少なくとも50回はしていたなあ。
モコモコのバーニーズが抱っこされている様は、ぬいぐるみと見間違うように愛らしく、周りのいかにもヨーロッパな景色にとけ込んでいました。

そして、ヴァポレットを降りて、ヴェネチアの迷路のような街をぶらぶら歩いていると、ノーリードの飼い主さんが多いこと。
そして犬達は自由!
イギリスなんかだと、飼い主さんの横をぴったりくっついて歩いているノーリードの犬はよく見かけるけれども、ヴェネチアでは、とにかく自由。
迷路のような道なので、先が見えない!曲がると犬や人にばったり出くわす!なんてこともあるのですが、全然気にしているそぶりはない。
実際に、曲がり角を曲がったところで大型犬に出くわし、「オレらは強いんだぜー!」とわんわん吠える2匹の小型犬たちを見ました。
飼い主さん同士は初対面のように見えましたが、犬たちを放置して動じることなく談笑中。
うーん、飼い主さんも自由。
犬との暮らし方って国民性が出るし、前回もフランスで感じたのは、フランス人って自由。という印象。
イタリアはここにさらに陽気さをプラスしたかんじに思えました。

ヴェネチアからフィレンツェには電車で向かいましたが、隣に座ったイタリアのおばあちゃんはイタリア語が全くわからない私に対して、イタリア語でずーっとしゃべりかけてくれました。
次々にかばんの中からクッキーやケーキを出しては「いる?」と聞いてくれて、まるで関西のおばちゃん!親しみやすい!
言葉がわからず戸惑う私、そして側に座っていた始終いちゃつきっぱなしのイタリア人カップルは、「とりあえずイエスって言っておけばいいさー。イタリアの陽気なおばあちゃんってかんじだろ。」とあまりアドバイスにならないアドバイスをしてくれました。
そんなこんなで、フィレンツェで降りる際にはハグにキスまでしてくれました。

私が思うイタリアは犬も人も陽気で愛情いっぱいで、自由な国でした。

バックナンバー

プロフィール

佐藤 えり奈(さとう えりな)/京都市生まれ
ペット心理行動カウンセラー/行動コンサルタント/CAPBT MEMBER
伴侶動物行動学・養成資格
Diploma in the Practical Aspetcts of Companion Animal Behaviour and Training(英国COAPE公認資格)
ミネソタ大学 理学士
University of Minnesota Twin Cities B.Sc.
生物科学部生態進化行動学科卒業(米国)

幼少の頃から、大の犬好きが高じて犬の行動カウンセラーとなる。アメリカで行動学を、イギリスで犬猫の行動心理学を学び、現在は、関西を中心に犬の心理状態を考慮しつつ、行動学をもとに問題行動を解決するペット心理行動カウンセラーとして活動中。
著書に「イヌの「困った!」を解決する」(サイエンス・アイ新書)

◇関連リンク◇
佐藤えり奈先生のホームページ → http://www.petbehaviorist.info/

こちらもおすすめ

ペットフォトコンテスト

応募受付中のプレゼント

page top