ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

第1回 問題行動、気づいたもん勝ち!

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のエッセイ -Wanderful Life-

ペット心理行動カウンセラー佐藤えり奈先生のワンちゃんの問題行動にまつわるエッセイです。


つい数週間前の週末の午後、私はドッグカフェに愛犬フラッフィーと来ていた。週末のドッグカフェはたいそう賑わっていて、私の後ろの席では、フレンチブルドッグが、テーブルの上の飼い主のごちそうをねらってぴょんぴょんと後ろ足で飛び跳ねていて、ときどき、クンクンという悲壮な声がきこえてくる。

私の左隣の席では、きれいにトリミングされたトイプードルが、お店の看板犬に向かって吠えたてている。そして、私の右隣の席には、イヌ連れではない外国人が2人で食事をしている。

そのとき、カフェのドアが開き、キャリーを抱えた夫婦が入ってきた。キャリーの中からは、外に出たいのかギャンギャンと耳をつんざくような吠え声がきこえている。もともと騒がしかった店内が、ついに限界を迎えた騒がしさになった瞬間だった。

そしてイヌ連れでない外国人が眉をひそめながら、我慢できないといった様子で友人に言った。"Oh my god! That’ so annoying! " (信じられない!めっちゃウザいんだけど!) その瞬間、とつぜん私は大学時代を思い出した。

大学時代、私は行動学を学ぶためにアメリカのミネソタ大学に留学していた。寮に住んでいて、3人のアメリカ人のルームメイトと暮らしていた。1人のルームメイトの口癖は"That’s so annoying!"。Annoyingは、迷惑、うるさいといった意味もあるが、若者風の言葉になおすと「ウザいんですけど~」といったかんじ。ことあるごとに、ルームメイトの口からは「ウザいんですけど~」という言葉が発せられ、私はイライラしていたものだ。こんなことでイライラするなんて、心がせまいと思われるかもしれないが、大学でとっている授業も同じ、部屋も同じ、ほぼ24時間寝食を共にしていると、毎日「超ウザいんですけど~」(若者風ニュアンスで)と聞かされていると、いくら発言は自由といっても「ほんとこっちが、ウザいんだけど!」と頭にきてしまうものだ。ついにある日、たまりかねた私はルームメイトに言った。「ねえ、それって口癖?1日少なくとも30回は言ってるよ!」と。彼女はびっくりした顔で、「うそ?!私、そんなに言ってた?」と答えた。そう、彼女は自覚がなかったのだ。それが私や他のルームメイトにとって、なかなかの「問題行動」となっていたのにもかかわらず。

話がそれてしまったが、私がなにを言いたいかというと、問題行動というのは第三者に言われて、若しくは本人が認識、自覚することで初めて「問題行動」になるのだ。
私はイヌの行動カウンセラーをしている。要はイヌの困った行動を治療する仕事をしている。イヌの、と書いたが、実際はそれが飼い主のとっている行動によって起こっていることもあるので、一概にはイヌの問題行動とは言えないのだが。私のルームメイトがそうだったように、キャリーで鳴き叫ぶイヌを飼っている飼い主も、何軒かのカフェで出禁をくらって初めて愛犬の行動が問題行動だと自覚するのかもしれない。後ろ足で飛び跳ねて鳴くフレンチブルドッグの飼い主も、いつかクンクンという鳴き方がワンワンという要求吠えになったとき、とびはねて後ろ足を負傷したとき、その行動が問題行動だったと気付くのかもしれない。他のイヌを威嚇しているプードルは、ある日相手のイヌを攻撃して、問題行動だったと気付かされるのかもしれない。そう、問題行動は、最初はさほど深刻な問題ではなく、「ちょっと困った行動」だったり、「かわいいからつい許してしまう行動」といった程度のものだ。もちろんそのままずっとその程度でうまくいくこともあるけれど、ふとした瞬間、ちょっとしたきっかけでそれはエスカレートし、「問題行動」になってしまうのだ。こうなると、焦った飼い主は一刻も早く問題行動を治したいと言う。しかし、長年にわたり蓄積され、エスカレートしてきたその行動は、魔法のようにたった1日で直るとはいいきれない。やはり、それなりに時間はかかるのだ。問題行動をいかに早く、簡単に治すかは、飼い主がその問題行動の可能性に早いうちから気づき、自分の行動を見つめなおすことが、解決へのいちばんへの道だ。本当のことをいうと、問題行動は起こってからではなく、未然に、予防の意を兼ねて子犬のころからきっちりとしつけをしておくことが策なのだ。特に、反抗期が始まる生後5ヶ月頃から1才前後は特に注意しておきたい時期だ。しかし、子イヌの時期を過ぎてしまったからとあきらめないでほしい。イヌはいつだって学習できるのだ、あなたが愛犬のその行動を「問題行動」、もしくは「問題行動予備軍」だと気づいた日から。そして、その行動を変えようと努力を始めた日から。あなたが愛犬に対する行動を少し変えると、みるみるうちに愛犬も変わる。そう、問題行動は気づいたもん勝ち!

今、私の問題行動は「食後に甘いものを食べること」である。数週間後、体重計に乗って、蓄積された脂肪の重みに気付き、死ぬ気で汗水たらしてダイエットをする前に、食後の甘いものを控える努力を少しでも続けていこうと思う。
とても難しいけれども……。

バックナンバー

プロフィール

佐藤 えり奈(さとう えりな)/京都市生まれ
ペット心理行動カウンセラー/行動コンサルタント/CAPBT MEMBER
伴侶動物行動学・養成資格
Diploma in the Practical Aspetcts of Companion Animal Behaviour and Training(英国COAPE公認資格)
ミネソタ大学 理学士
University of Minnesota Twin Cities B.Sc.
生物科学部生態進化行動学科卒業(米国)

幼少の頃から、大の犬好きが高じて犬の行動カウンセラーとなる。アメリカで行動学を、イギリスで犬猫の行動心理学を学び、現在は、関西を中心に犬の心理状態を考慮しつつ、行動学をもとに問題行動を解決するペット心理行動カウンセラーとして活動中。
著書に「イヌの「困った!」を解決する」(サイエンス・アイ新書)

◇関連リンク◇
佐藤えり奈先生のホームページ → http://www.petbehaviorist.info/

こちらもおすすめ

page top