おでかけしよっ!一緒にどこ行く??

Vol.9 昼と夜でふたつの顔をもつ「ニジゲンノモリ」でたのしもう

おでかけしよっ!一緒にどこ行く??

普段のお散歩とはちょっとちがう「気軽にちょっとそこまで」のお出かけや、準備万端で出かける犬連れ旅行まで、役立つ情報やオススメスポット、便利なアイテムをご紹介。
今度の土日は、お弁当を持って公園へピクニック?
それともテラス席のカフェにコーヒーでも飲みに行く?
たまには一緒に旅行も行きたいね♪
ねえ、一緒にどこ行く??


青い海に囲まれ、緑豊かな山々からなる淡路島。四季折々の絶品グルメや神話が残る神秘的な島としても知られています。
関西圏ではリゾート地としても名高い淡路島に、自然とアニメとテクノロジーが一体となった新しいアニメパーク『ニジゲンノモリ』が2017年に誕生。広大な敷地面積を誇る公園の地形を生かした純日本産のテーマパークで、朝から晩まで楽しめます。

森の隠れ家レストランで大満足

ニジゲンノモリは兵庫県立淡路島公園の中にあり、入場は無料。大きな芝生広場やウォーキングコースで公園内をわんちゃんとお散歩できます。(アトラクションは有料でペット不可)
お腹がすいたら森の隠れ家レストラン「モリノテラス」でお食事。地元淡路島産の新鮮な食材にこだわった燻製やパスタ、グラタン、カレーなどの創作料理と、オーガニック食材を利用したわんちゃん用のおやつの販売もあり、人もペットも大満足!
夏はペット専用のプールが利用できるそう。

営業時間:
平日 12:00~20:00(ラストオーダー19:30)
土日祝 11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
TEL:
050-5594-6769

淡路島を満喫するには1泊2日がオススメ

2018年5月にオープンしたグランピング施設、GRAND CHARIOT―グランシャリオ―北斗七星135°は星空観察の名所でもある丘の上にあり、快適な宿泊施設でキャンプ体験ができます。愛犬と一緒に大自然の中でのキャンプには興味があるけど、道具もないしテント泊も不安だという方はグランピング施設を利用してみては。
明石海峡大橋の絶景を見渡し、満点の星の輝きや山の自然を満喫できるロケーションに、可愛らしいコクーン(コテージ形式の客室)で非日常を味わえます。
グランシャリオに1日1組限定で愛犬と一緒に宿泊できるプランが登場。お部屋へ直接チェックインでき、食事はお部屋で愛犬と一緒にできます。宿泊の特典として、ニジゲンノモリのアトラクション「ナイトウォーク火の鳥」体験ができます。

TEL:
0799-64-7090
・小型犬2頭まで/中型犬・大型犬(30㎏まで)は1頭まで
・ワクチン接種証明書(コピー可)

光輝く火の鳥が、夜の森を羽ばたく
幻想的な夜の森を散策できる「ナイトウォーク 火の鳥」

「ナイトウォーク 火の鳥」は、手塚治虫先生の「火の鳥」の世界感を題材にしたストーリーを追いながら、全長約1.2kmの暗い森の中を自らの足で歩いて体験するアトラクション。
最新テクノロジーを利用して演出した、美しく幻想的な二次元世界を体験できます。
わんちゃんは抱っこ(もしくはキャリーバッグ)で参加できます。

料金:
大人 3,300円(前売り 2,800円) 子供 1,200円
※ナイトウォーク火の鳥特別マップ・ドリンク(水)・懐中電灯レンタル代 を含む価格です。
アトラクション開始時間:
19:00(夏期 季節により変動します)
最終受付時間:
20:30(夏期 季節により変動します)
ニジゲンノモリ

住所:兵庫県淡路市楠本2425-2
TEL:0799-64-7061(受付時間:平日 10:00~18:30)
https://nijigennomori.com/

ワンちゃんと一緒にマナーを守ろう

一部ワンちゃんの同伴が可能なお店であっても、ワンちゃんが苦手なお客様がいらっしゃる場合は入店をお断りされる場合もございます。予め犬連れの旨を店舗側に連絡すれば、スムーズにご案内いただけます。ワンちゃん用の食器やお水、おやつは持参しましょう。
また、リード着用、無駄吠えさせない、排泄を済ませておく等、基本的なしつけやルールは守りましょう。

どんなスポットであっても、他のお客様への最大限の配慮を心がけることが、ワンちゃんとのお出かけに対し理解と賛同を得ることにつながります。ワンちゃん同伴可能な施設がもっと増えるよう、マナーを守りましょう。

キーワード検索でスポットや口コミをチェック!

今回ご紹介したスポット以外にも、299naviでは全国のお出かけスポット情報を掲載しています。住所やキーワードで絞り込んで検索し、ぴったりのスポットを見つけてくださいね。
口コミや画像の投稿をして、299naviを一緒に盛り上げてください!

バックナンバー

こちらもおすすめ

ペットフォトコンテスト

page top