おでかけしよっ!一緒にどこ行く??

Vol.15 夏のお出かけを便利グッズで快適に③~いつもより遠くへお散歩~

おでかけしよっ!一緒にどこ行く??

普段のお散歩とはちょっとちがう「気軽にちょっとそこまで」のお出かけや、準備万端で出かける犬連れ旅行まで、役立つ情報やオススメスポット、便利なアイテムをご紹介。
今度の土日は、お弁当を持って公園へピクニック?
それともテラス席のカフェにコーヒーでも飲みに行く?
たまには一緒に旅行も行きたいね♪
ねえ、一緒にどこ行く??


のんびり過ごす休日、せっかくだしいつものお散歩をちょっとグレードアップして、少し遠出をしてみてはどうでしょうか。わんちゃんと行ける大きい公園や河川敷は、地面の土や草が含んでいる水分の気化熱で、コンクリートやアスファルトの歩道よりも温度が上がりにくくなっているので、夏のちょっとしたお出かけにぴったりです。また草の匂いや感触がわんちゃんの五感を刺激するので、いつもより満足感もアップしますよ。

それでも日中は気温も高くなり熱中症の危険もありますので、できるだけ涼しい時間帯を選んで、こまめな休憩も忘れずに。

移動は徒歩? 自転車? それとも電車?

歩いて行ける距離に大きい公園や河川敷がある方ばかりではないですよね。自転車で行けるくらいの距離だったり、駐車場がなくて電車でしか行けなかったり、行くだけで疲れそうと思っていませんか?
キャリーバッグやペットカートを活用すれば、大変な移動も随分楽にしてくれます。
前から気になってはいるけれど、色々種類があって選べない!という方のために、移動手段に合わせておすすめをご紹介します。

徒歩で行くならペットカートがラクチン。

いつものお散歩の延長でちょっと広い場所へ行こうかな。そんな時、そのままわんちゃんと歩いて行ってしまうと、目的地に着いた頃にはわんちゃんが疲れてしまっていたり、帰り道に遊び疲れて歩けない、なんてことも。
もちろん抱っこするのもいいですが、そんな時に役立つのがペットカート。行きも帰りも楽に移動できるし、わんちゃんの体力も温存できるので、存分に遊ぶことができます。

地面から距離を取ることで輻射熱も和らぎ、幌が直射日光を遮るので熱中症対策にもなります。ただし、幌をおろしすぎて中が蒸れてしまわないように注意してください。適度に風を通してあげたり、タオルで巻いた保冷剤を入れてあげるなど、ペットカートの中が高温にならないようにしましょう。

コムペット ミリミリライト

アルミニウム製のフレームは、石畳や悪路でもぶれにくく安定感のある作り。幌の前面には開閉自由のメッシュ窓付きなので風が通って蒸れにくい。カバーは簡単に取り外せて丸洗いできて清潔を保てるので日常使いもOKです。

コムペット ミリミリライトα

3か所のメッシュで通気性をアップさせたモデル。幌の開口部はファスナー式でスムーズに開閉できるので、小さなワンちゃんやネコちゃんの抜け出しを防止。コムペットのエケバッグ(Sサイズ)をわんちゃんを入れたまま収納できるので、使い道も広がります。

自転車に乗るならスリングやリュックサック型が便利。

徒歩で行くには遠いけれど、車で行くほどでもない。そんな距離なら颯爽と自転車に乗って行くのも夏にはおすすめ。風を感じて少しは暑さも和らぐことでしょう。ペット乗せ専用の自転車もありますが、そうでない場合、前かごにそのまま乗せるのはとても危険です。

ここで活躍するのがスリング(抱っこ紐)やリュックサック型のキャリーバッグです。飛び出し防止用にフックをつけられるものを選べば安心して使えます。
スリングなら目的地に着いた後も、小さく折り畳めて鞄にしまっておけるので、わんちゃんと遊ぶ時にも邪魔になりません。
リュックサック型は両肩でわんちゃんの重さを支えるので飼い主さんが疲れにくく、他の荷物も一緒に入れられるので便利です。

erva ドッグスリング

スリングの中で「お座り」の姿勢になるので、わんちゃんに負荷はかかりません。 前ポケットに保冷剤を入れられるので暑さ対策もばっちりです。スリング本体にループがついているので、飛び出し防止に。

クチコミ:(一部抜粋)スリングが大の苦手な愛犬ですが、このスリングは大丈夫なようで、病院に行くときにも愛用中。やはり少し重いのですが、肩掛けの部分が広げられるため、一部への負担ではなくなるので大分楽です♪

Whole Go Out Sling

暑い日などは保冷剤を工夫すれば、ペットにもヒトにもやさしい使用感になります。Lサイズは、今までスリングをあきらめていた体重のコも対応しているので嬉しいですね。飛び出し防止ストラップもついています。

クチコミ:(一部抜粋)これまでいろいろな虫除けスプレーを試した中で、1番良かったと思います。べたついたり匂いが長く残ることも無くスプレー嫌いの愛犬もいやがりません。

K9 Sport Sack AIR

アメリカ生まれのスタイリッシュな犬用リュックサックです。わんちゃんを入れる本体と、小物を収納するバッグのセット。シンプルでスポーティなデザインなので、シーンを選ばず永く使えます。

電車やバスでの移動にはキャリーバッグが必須です。

交通会社によってルールは様々ですが、その多くが、ペットを完全に中に収めてしまうことを条件としています。
ペットカートだと、持ち込める大きさの制限を超えてしまう場合も多く、禁止している交通会社がほとんどですので、電車にペットを同伴する時はキャリーバッグを使用するのが無難ですね。
電車内ではペットをしっかり隠してしまえるし、駅を出てからも、メッシュタイプであれば風を通すので中が蒸れにくくなっています。

必ず乗車する前に交通会社に問い合わせて、使用可能かどうか確認することを忘れずに。
初めてのわんちゃんは混乱してしまうかもしれないので、電車やバスを怖がったりしないかどうか、まずは一駅だけなど事前に練習してあげてくださいね。

いちごペット用品店 キャンバスバックパックキャリー

リュックと手持ちの嬉しい2wayタイプ。サイドには十分なメッシュエリアがあるので通気性もよく、用途に応じてメッシュ部分が隠れる設計です。大きく開く口は、キャリーバッグが苦手なペットもストレスなく出入りできます。

Pet Carrier muna FL

ペットキャリアミュナFLは、6㎏までの小型犬にも使えます。前面のメッシュ窓が上から開閉するほか、上からも出し入れができるので、キャリーバッグが苦手な子も安心です。両サイドのメッシュが隠せたり、4か所の底鋲で床や地面に直接置いても安定します。

コムペット エケバッグ

徒歩の時は対応のミリミリカートにバッグを収納でき、電車やバスなどの乗車時にはサッとバッグを取り出して使えます。しっかり止まるファスナーで抜け出しを防止。閉めたままバッグとして、半分開けばハウス風に、すべて開けてマットとしても活用できます。フルフラットになるからお手入れもラクラクです。

長時間の移動は避けましょう。

ペットカート、スリング、キャリーバッグ。どれも便利でわんちゃんの快適さも考えられたアイテムですが、長時間の移動はわんちゃんたちのストレスとなり負担がかかってしまいます。
特に暑い夏の移動は注意が必要。どうしても蒸れやすかったり、中が高温になってしまう可能性があります。また電車などは反対に冷えすぎてしまうおそれもあるので注意が必要です。

無理に遠くへ行こうとせずに、まずはわんちゃんが楽しめる環境を作ってあげてくださいね。

お出かけ先で注意したいこと

わんちゃん同伴可の場所であっても、わんちゃんを連れていない人がいることを忘れずに、マナーをきちんと守ることが大切です。
ノーリードはできるだけ避けて、首輪やハーネスが抜けてしまわないかのチェックもしてください。

もし行ったことのある慣れた場所であっても、夏の間はわんちゃんは疲れやすくなっています。こまめな休憩と水分補給をしてあげてください。
遊び始める前に、日陰や風通しのいい場所を探しておくといいでしょう。

また、わんちゃんが興奮しすぎて休憩中もずっと落ち着かないなんてことのないように。

屋内ドッグランなどの施設の場合、空調設備があるからといって油断は禁物です。
ヒトとわんちゃんでは気温の感じ方が違うので、ヒトがちょうどいいと感じていても、わんちゃんには暑かったり寒かったりします。できるだけわんちゃんの様子を見ながら、快適に過ごせる場所を探してあげてください。

299naviには情報が盛り沢山!

お出かけグッズやお出かけ先を探すなら299naviにお任せください。様々なアイテムやスポットが登録されていて、実際に使用したり行ったりした方の口コミなども公開されています。気になる情報があれば、是非チェックしてみてくださいね。

バックナンバー

こちらもおすすめ

バックナンバー

ペットフォトコンテスト

応募受付中のプレゼント

page top