おでかけしよっ!一緒にどこ行く??

Vol.12 梅雨時期のトラブルを防止するために今できること

おでかけしよっ!一緒にどこ行く??

普段のお散歩とはちょっとちがう「気軽にちょっとそこまで」のお出かけや、準備万端で出かける犬連れ旅行まで、役立つ情報やオススメスポット、便利なアイテムをご紹介。
今度の土日は、お弁当を持って公園へピクニック?
それともテラス席のカフェにコーヒーでも飲みに行く?
たまには一緒に旅行も行きたいね♪
ねえ、一緒にどこ行く??


雨の日が続いて湿度が高くなり、菌が繁殖しやすいのが梅雨の時期。
全身を毛で覆われているペットたちの皮膚は蒸れやすく、バリア機能が低下しがちです。

そうなると怖いのが様々な疾患や体調の悪化です。可愛いペットたちの健康のためにできることは、こまめなのチェックとケアを欠かさないこと。
今年の梅雨も元気に健やかに過ごすために、できることから始めてみましょう。

梅雨の時期に気をつけたいトラブル

①皮膚疾患

皮膚疾患の中でも、膿皮症とマラセチア性皮膚炎は特に梅雨時期に気をつけたい疾患です。
膿皮症はブドウ球菌が、マラセチア性皮膚炎はマラセチアというカビの一種が、異常繁殖して炎症を引き起こします。

実はどちらの菌も犬の皮膚に常在しているもので、梅雨の時期特有の高温多湿の環境で、皮膚のバリア機能が低下したことにより増えてしまうのです。

また、アトピー性皮膚炎もこの時期悪化しやすいと言われています。アトピー性皮膚炎を持っているわんちゃんは上記のような他の皮膚病も併発しやすいそうなので、さらに注意が必要です。

これらを防ぐためにも、まずは毎日のチェックが大切です。スキンシップのついでに毛をかき分けて皮膚をチェックしてみてください。赤みや発疹、フケ、脱毛など異常が見つかった場合には一度かかりつけの獣医師に相談を。

それ以外にも、こまめにブラッシングをして通気性をよくしてあげたり、抗菌ローションで拭き取ってあげるのも予防に最適です。肉球周りや耳周り、肛門周りなど、特に蒸れやすい部分は毛を短くカットすることでトラブルを予防できるので、トリマーさんにお願いしましょう。

また、シャンプーは月1~2回を目安にし、シャンプー後は濡れた部分が残らないようしっかりと乾かすのが重要です。

天然三六五 ラクソープ

天然の界面活性剤といわれる木の実”ソープナッツ”を使用した、洗い流し不要のシャンプーです。汚れだけでなく臭いも取り除き、除菌も行うので清潔な皮膚、被毛を保ちます。伸びの良い細かい泡なので、1本あると日頃のお手入れに最適です。

マイクロファイバー・タオル(ポケット付)

一般的な綿タオルの10倍の吸水性で、優しい手触りの厚手のマイクロファイバータオル。ポケット付きで体に沿って水分を拭き取れるので、ドライヤーの時間を短縮できます。シャンプー後はもちろん、雨の日にお散歩から帰った時も役立ちます。

クチコミ:(一部抜粋)スーッと給水してくれて、何度か洗濯しましたがゴアゴアせず肌触りが持続中です。干しても厚手の割には乾くのも早いです。

Groomo(グルーモ)

ペットとコミュニケーションのとれる粘着ローラーです。握り方とその動作によってペットを撫でるようにお手入れを行うことができます。ローラー部分は、毛の付いた衣類やソファーなど、ペットの抜け毛やホコリを取りたい場合にも使えて便利。カバーの端がクシ状になっていて、片手で持ったまま、クシと粘着ローラーを使い分けることができます。

ワンちゃん消臭 バウワウ プロテクトケア

これ1本で、抗菌・防虫・消臭・脱臭・リラックス効果・被毛の補修・保湿・紫外線防止・皮膚の保湿・皮脂バランスの調整など様々な役割をしてくれます。約99%の原料が天然成分で構成されているので、わんちゃんが舐めても安全です。

クチコミ:(一部抜粋)室内でトイレをした後にシーツにかけると一気に臭いはなくなります。

②耳の疾患

耳を定期的に掃除していないと細菌が繁殖して外耳炎になってしまいます。
頻りに耳を掻いたり首を振ったりするような場合には、耳掃除をしてみてください。耳垢が濃茶色や黒色をしていたり、臭いが強い場合など、もっと状態が酷いようであれば動物病院で洗浄してもらいましょう。

特に耳の垂れている犬種や耳の中に毛の多い犬種、またパグやシーズーなどの鼻の短い短頭種も外耳炎になりやすいので要注意です。

外耳炎の予防としては、ガーゼや薄手のタオルなどにぬるま湯をつけて耳を拭き取るだけで大丈夫です。イヤークリーナーを使っても効果的ですよ。耳の中の毛が多い犬種は毛をカットすることで通気性がよくなるのでトリマーさんにお願いしましょう。

シュアリンプウ・イヤークリーナー(ミニボトル)

善玉菌パワーで耳のトラブル解消!OYK菌と呼ばれる善玉菌がものすごい速さで増殖して、抗菌・整菌してくれます。農水省の微生物農薬の安全基準をクリアしているので、舐めても、吸い込んでも、傷口から入っても、皮膚に塗りつけても安全なイヤークリーナーです。

③害虫による病気の媒介

高温多湿になるとノミやダニ、蚊などの害虫の活動が活発になります。これらはフィラリアなどの病気を媒介するので注意が必要です。

外出時には虫除けスプレーを使用するのはもちろん、晴れた日には犬が寝るベッドやマットなどを天日干したり、こまめに掃除機をかけるなどして、わんちゃんがよくいる場所はいつも清潔に。害虫が繁殖しにくい環境づくりを心掛けましょう。

ペット用除菌消臭スプレー naisshu-a

布製品に吹きかけることで、抗菌力を長持ちさせてくれます。静電気の防止にも効果を発揮するので、ホコリの中にいるダニを寄せ付けません。口に入れても安全な成分なので、安心して使えます。

ペットニーム バグオフスプレー

お散歩の時の虫除けだけでなく、マットやハウスケージなどペットの周りものにも使えます。特許製法のニームオイルの有効成分と天然抗菌成分が、虫や雑菌からペットを守ります。香料を使用していないので、ニオイに敏感なわんちゃんにも使いやすいですよ。

④体調不良

この時期、ヒトも犬も怖いのが食中毒ではないでしょうか。高温多湿で食べ物が傷みやすく菌が繁殖しやすいので、手作りフードやウェットタイプのフードを与えている方は注意が必要です。
また、不衛生な食器も細菌が繁殖してしまうので、食器をこまめに洗ったり、食べ残しは廃棄する、水はこまめに入れ替えるなどで食中毒を防ぐことができます。

さらに気温の変化で消化機能が低下し、食欲不振になりやすい時期です。雨でお散歩ができないとストレスも溜まって、更に体調を崩しやすくなります。わんちゃんの体調の変化には十分注意してあげましょう。

天然三六五 サラピカ ポンプタイプ

ペットの唾液の成分による食器のヌメリをバクテリアにより99.9%以上分解する、ヒトにもペットにも地球環境にも優しい食器洗剤です。天然成分の除菌効果が食器を清潔に保ちます。

クチコミ:(一部抜粋)毎日使うものなので、ポンプタイプに変えました。便利です。とにかくヌメリがとれやすいのと、ペットに安心して使えるのが嬉しいです。

コンズマーケット 「SPONGE(スポンジ)」

洗っても洗ってもスッキリ落ちないヌメリを、水だけでパワフルに落とします。研磨材を一切使用していないので、雑菌の温床となるキズがつきにくいのも嬉しいですね。

クチコミ:(一部抜粋)こちらの商品はあまり力を入れて洗わなくても、ヌメヌメがきれいにとれるので、とても重宝してます

バイオウィルクリア 携帯用 100ml

シューッとスプレーするだけで、人やペットが持つ食中毒菌や空間内の浮遊菌を瞬時に除菌します。様々な細菌やウィルスに優れた効果を発揮します。

クチコミ:(一部抜粋)携帯用サイズなので場所を取らず便利です。フローリングに粗相してしまったとき、臭いが気になるときにしゅっとしっます。

299naviでアイテム検索

ここまで紹介してきたアイテム以外にも、梅雨の時期に使えるものは様々あります。299naviならキーワード検索もできるので、気になるアイテムのキーワードで検索をしてみてくださいね。

バックナンバー

こちらもおすすめ

page top