災害とペット~今できることを実行しよう~

ペットの防災対策と心構え

ツルとカメ。—イケてるシニアライフを目指して—

海外と比べて何かと自然災害が多い日本。全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こっているそうで、他にも台風、大雨、津波に火山噴火など自然の脅威と常に隣り合わせと言えます。
ペットというかけがえのない家族がいる以上、防災対策は必須。災害が起きたら何が必要なのか?どう行動すればいいのか?
今できることから始めてみましょう。


近年、地震や、台風などによる河川の氾濫など、全国各地で災害が引き起こされています。被災するのは人間ばかりではありません。東日本大震災では多くのペットたちが被災し、家族を失い、命を落としました。次は我が身と考え、今からでもできることを備えておきましょう。

いろいろなケースでの避難方法を考えておくことが大切

災害が起きた時、ペットと一緒にいたら迷わずペットと同行避難をしてください。ペットを自宅や敷地内に残したまま避難し、後に迎えに行ったとしても火災や余震などで助けられないことがあります。

ペットだけを自宅で留守番させていたら、まずは自分の身を守り、その後自宅までの安全を確保できれば、迎えに行きましょう。

また、ペットを連れて外出中だったら、たとえ自宅の近くにいても、避難所へ直行するということも考え、まわりの状況を見て判断してください。

過去に起こった災害の時には、避難所となった小学校などの多くの場所でペットが受け入れられております。
国より各自治体は地域防災計画の中に災害時の対策を検討することが義務付けられており、東京都では、ペットとの同行避難を積極的に呼びかけている自治体もあります。

いざというとき慌てないように、避難時のプランを考えたり、お住まいの地域の自治体に、避難場所や避難所でペット同伴可能かどうか確認しておきましょう。

避難所でのペットの受け入れを円滑にするためには

避難所では多くの方が集まるので、基本的なしつけやマナーは必要不可欠であり、感染症が蔓延しやすくなるので寄生虫の駆除、各種ワクチンの接種、病気の治療が必要です。
また他のペットとのトラブルを未然に防ぐためにも、可能な限り不妊・去勢手術をしておくことも大切です。

首輪と鑑札・迷子札、マイクロチップの装着と登録

鑑札は万が一離れ離れになったとき、犬の個体識別を行うのに必要なものです。また、鑑札と一緒に迷子札もつけておくと安心です。普段の散歩から装着を心がけましょう。

マイクロチップを体内に埋め込んでいれば、飼い主さんの元に戻れる可能性がさらにアップします。さらに2019年の動物愛護法の改正では、マイクロチップの装着と所有者情報の登録が義務付けられました。引っ越しなど、所有者情報が変更になった場合の届け出も忘れずに。

動物愛護法の改正について詳しくはこちらのトピックスをご参照ください。

ペットの防災グッズを準備しよう

人間の防災グッズを揃えている方は多いと思います。いざというとき、ペットの分を揃えていなくて慌てるなんてことのないように、ペットが必要なものも一緒にバッグなどに詰めて用意しておきましょう。もう用意してあるという方も、下のチェックリストで忘れているものがないか確かめてみてください。
水やペットフードなどは定期的に新しいものに交換することも忘れずに。

  • 持ち出し品チェックリスト
    おやつ
    給餌器・水用食器
    リード・ハーネス
    ウェットティッシュ
    ポリ袋
    トイレシーツ(猫の場合はトイレ砂)
    水(水道水や軟水のミネラルウォーター)
    ペットフード(最低3日分)6か月ごとに新しいものに交換しましょう。
    ペットの記録カード・写真持病があればお薬も忘れないで!
    ワクチン証明書ペットと一緒に避難所に入所する際、手続きがスムーズになります。
  • あれば安心なグッズ
    折り畳みクレート避難所での寝床として使用。普段から慣れさせておけばストレスも感じにくくなります。
    アルミブランケット体に巻き付けることで熱を逃がしにくくします。防水性がありシートとしても使用できます。
    靴・靴下瓦礫や荒れた道で、肉球を保護します。
    携帯用浄水器いざというとき、雨水や川の水をペット用水として再利用できます。

被災地支援:わたしたちにできること

2011年東日本大震災。
2016年熊本地震。

被災地から離れるほどに震災の記憶は薄れ、過去のもののように感じますが、被災地では復旧・復興を含め、被災ペット問題は何ら解決されていません。一過性のものではなく、震災や災害の被災者支援・復興支援は「長く続ける」ことが大切です。

関西からでもできること、今わたしにできること……もう一度考えてみませんか。

義援金を贈ろう

義援金は被災した動物やその飼育者の支援を行うために使われます。ただし義援金詐欺には十分に注意し、団体の活動内容などをよく確認し、あなたが応援したい活動団体や信頼できる団体を選びましょう。

ペットフードやグッズを送ろう

必要な支援物資のニーズは日々変わります。送付先を含め、「今、何が必要か」を必ず事前に確認しましょう。

各団体の活動を支援しよう

被災ペット以外にも、動物と共生する上で多くの問題があるのが現状です。下記団体では、義援金とは別に活動支援の寄付金を募集しています。動物の保護・新しい飼い主探し、捨て犬・捨て猫を減らすための不妊・去勢手術費、各団体の全般的な活動等に使われます。詳しくは各Webサイトでご確認ください。

公益社団法人 日本動物福祉協会https://www.jaws.or.jp/
[郵便振替]
口座番号:00130-6-20714
口座名義:公益社団法人日本動物福祉協会
[銀行振込]
ゆうちょ銀行 019店 当座 0020714
口座名義:公益社団法人日本動物福祉協会

公益社団法人 日本動物愛護協会https://jspca.or.jp/
[郵便振込]
口座番号:00100-5-113644
口座名義:公益社団法人日本動物愛護協会
[銀行振込]
三井住友銀行 渋谷支店(店番号654) 普通預金 4044164
口座名義:公益社団法人日本動物愛護協会

バックナンバー

こちらもおすすめ

page top