ペット同室宿泊OKのお宿

vol.9 レジャーの秋到来!?愛犬と泊まれる和歌山県の宿

ペット同室宿泊OKのお宿

愛犬を連れての旅はなかなかハードルが高いと思っていませんか? たしかに、人間だけの旅行よりは不自由があるかもしれないし、普段のおでかけ以上の気配りをしないといけないかもしれない。でも、愛犬と一緒の旅ならではの特別な感動がきっとあるはず! ただ一緒に泊まるだけではなく、宿の周辺には愛犬と一緒に観光したり、遊べる環境がそろっていて、ヒトもイヌも飽きさせない。そんな、魅力たっぷりの宿をご紹介。


今年もなんとか猛暑を乗り越え、飼い主さんも愛犬たちも少しずつ元気を取り戻しつつあるのではないでしょうか。食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋、読書の秋……。様々な『秋』がありますが、299naviのイチオシは『愛犬とレジャーの秋』です。

どこかに出掛ける日も出掛けない日も、愛犬との時間を楽しみたいですよね。特にお出掛けとなると、愛犬連れではどうしても行き先が限られてしまって、なんとなく同じような場所にばかり行っているということはありませんか?

そんな時はガラッと趣を変えて、少し遠くへお出掛けしてみましょう。世界遺産でもある『高野山』を有する和歌山県は、山はもちろん、広い浜辺もあり、これからの季節のお出掛けにはぴったりです。さらに愛犬も一緒に泊まれるお宿も充実しているので、お泊まりでのお出掛けも可能です。

今回はペットと泊まれる宿と、愛犬OKな観光スポットも一緒にご紹介します。

ペット連れでも安心!愛犬と一緒に泊まれる宿

日帰りでのお出掛けもいいけれど、せっかくなら泊まりでのんびりしたいという時もありますよね。いつもはペットホテルやシッターを利用している方も、是非一緒にお泊まりを体験してみてはいかがでしょうか。離れているとどうしても愛犬のことが気になってしまう方も、ずっと一緒なら存分にお出掛けを楽しめます。
ペットOKなお宿とはいえ、ペット連れのお客さんばかりではありません。他のお客さんや、泊めて頂いたお宿に迷惑がかからないように、しっかりとマナーを守ってくださいね。家族みんなで楽しい時間を作りましょう。

パートナーズハウスゆあさ

ペットと一緒に泊まれるログハウスだけでなく、ドッグランやドッグプール、そして専用の温泉まで完備しているので、お泊まりだけでなく、遊びも癒しも体験できます。

わんこ同伴条件

小型犬~超大型犬まで可。
ペット用の食事有り。

クチコミ

楽しいよ

何ヶ所も有るラン、プール、ワンコ温泉にお散歩コース、クラブハウスのハンバーグが美味しい。
コテージでの宿泊も気兼ね無く楽しめます。
まさに、ワンコのための施設です。

クチコミ

初めてのお泊まりでも心配無し♪

(一部抜粋)お泊まりはコテージで、1棟ずつに駐車するスペースがあるので、お泊まりが初めてのワンちゃんでも、使い慣れたゲージをすんなりお部屋に運ぶことができます。
外出時にはワンちゃんを預かってくれるので安心です。

犬御殿

動物愛護団体が運営するお宿です。目の前には白良浜があり、お宿にドッグランもあるので、走るのが大好きな愛犬にぴったりです。

わんこ同伴条件

小型犬~超大型犬まで可。
無駄吠えしないこと。
ペットを残して出掛けないこと。(一時預かり有り)

クチコミ

GWに予約が取れていってきました。

(一部抜粋)ワンちゃんには優しいホテルです。3階のお部屋には個別露天が付いておりワンちゃんも入れるようです。ご飯も犬御殿を朝晩頼みました、超豪華でもうパクパクあっという間になくなりました。温泉も優しくて飼い主もリフレッシュできました。

ベイリリィ 国民宿舎しらゆり荘

南紀の新鮮な魚介を味わえます。Kichen Dog!さんの犬ごはんが用意されているので、飼い主さんも愛犬も満足できそうです。

わんこ同伴条件

小型犬~超大型犬まで可。
無駄吠えしないこと。
館内ではリード着用。

クチコミ

海の幸と温泉が最高です。

(一部抜粋)朝夕共、食事会場で犬と一緒にいることができます。
旅館の皆さん、犬をかわいがってくれました。
犬同伴の旅は不安でしたが、はるばる来て良かったなと思いました。

クチコミ

ワンコと同室♪

(一部抜粋)ワンコと同じ部屋で初めてのお泊りに利用しました。
ワンコ用の足ふき・シート。消臭剤・コロコロ等もありお部屋も綺麗にしてありました。
食堂もワンコOK!お料理も美味しかったです。

ホテル ベルヴェデーレ

山の頂上にあり、眺望は抜群です。小型犬は専用のお部屋にて同室宿泊可能です。中型犬・大型犬の場合は個室完備のペットハウスで預かってもらえます。

わんこ同伴条件

小型犬のみ同室宿泊可。
中型・大型犬はお預かりにて可。
予防接種済み、トイレのしつけができていること

クチコミ

景色が素晴らしい

(一部抜粋)わんこを抱いたまま足湯したり、ハンモックで寝転んだりと、とても充実した時間を過ごせました。食事や朝食の間はお部屋でお留守番ですが、テニスコート一面をドッグランとして開放しているので、わんちゃん連れにはとてもありがたい宿泊施設だと思います。

クチコミ

素敵な思い出♡

ワンちゃんと一緒に過ごす事の出来るお部屋も綺麗で、景色も露天風呂も最高でした*\(^o^)/*
また行きたい!と思うホテルです。

旅館 さかい

日本三美人の湯と知られている龍神温泉が堪能できます。昔ながらのアットホームな雰囲気で、ゆっくりとした時間を過ごせます。

わんこ同伴条件

和室のみ、1部屋につき小型犬1頭限り。
無駄吠えしない、トイレのしつけができていること。
ケージ、ペット用品持参。

クチコミ

アットホーム

アットホームでとてもくつろげました。
お風呂も、元湯まで近いので行ってみましたが、こちらの宿のお風呂でも十分でした。
龍神温泉にわんちゃんと行かれるときには是非♪

299naviにも登録されている観光スポット

洞窟からテーマパークまで、多彩なスポットが満載の和歌山県は、何度訪れても新しい発見ができそうです。お泊まりであれば時間を気にせず存分に満喫できますよ。もちろん日帰りでも充分楽しめるスポットばかりです。訪れたあとは、299naviに口コミの投稿をお待ちしております!

紀ノ川サービスエリア(下り線)

サービスエリア内にある無料のドッグランです。専用の水飲み場の蛇口のハンドルが可愛いと聞くので、実物を見てみたいですね。テラス席や東屋もあるので、移動中の休憩に最適です。

営業時間
8:00~18:00
定休日
年中無休

三段壁洞窟

南紀白浜の名所古跡で、パワースポットとしても知られている神秘的なスポットです。抱っこやケージに入れることが条件とされているので、大型犬などは注意が必要です。

営業時間
8:00~17:00(最終入場 16:50)
定休日
年中無休

クチコミ

涼しい~♪

トンネルの外から打ち寄せる迫力ある波しぶきにうちの子はちょっとビビり気味でしたが(笑)、涼しくてよかったです♪

クチコミ

波のしぶきがかかりますよ

エレベーターで下に降りるとそこは三段壁の岸壁の下です。
間近に迫る波しぶきを一緒に感じられるスポットです。

戸津井鍾乳洞

小型犬のみですがリード着用で入れます。他ではあまり見ることのできない自然が作り上げた様々な形状の鍾乳石が見られます。

営業時間
9:00~17:00
定休日
月~金曜日
※ただし、地元の小・中学校の春・夏・冬休み期間中は平日も開洞。

クチコミ

アットホームな受付

鍾乳洞内は水で濡れていますのでタオル持参。
リードで一緒に入れます。

ポルトヨーロッパ

リード着用で愛犬と一緒に入れるテーマパークです。園内の観覧車にはペット同伴で利用できる専用のゴンドラがあったり、テラス席のみ同伴可能なレストランもあります。

営業時間・定休日
季節・曜日等により異なりますので、和歌山マリーナシティインフォメーション(0570-064-358)までお問い合わせください。

※掲載の情報は2019年9月時点のものです。お出掛けの際には必ず最新の情報を各施設へご確認ください。

行楽シーズンはまだまだこれから

猛暑でお出掛けをする気力をなくしてしまっていた方も、日に日に涼しくなっていく気候に、お出掛けしたくなってきているのではないでしょうか。まずは毎日のお散歩で愛犬の体力や体調をしっかりチェックしてくだい。焦らずに、まずは夏の疲れをしっかりと癒して、体調を整えてから遊びに出掛けてくださいね。

299naviには近所の公園や河原、ちょっと遠くの観光スポットなど、様々なお出掛け情報が満載です。実際に訪れた方の口コミなども参考にしながら、愛犬と楽しい秋を計画してみては?

和歌山県の宿泊施設や観光スポットはまだまだたくさんありますので、是非検索してみてください。

宿泊時の注意点

  • ペットと宿泊するにあたっての条件・部屋数などは、必ず予約前に各お宿へお問い合わせください。
  • 同室OKのお宿でも、お布団やベッドの上に乗せるのはNGです。
  • ペットOKの客室以外(ロビーや廊下等)の場所では、必ずクレートに入れるか抱っこをして移動しましょう。
  • 客室にペットだけでお留守番のときは、必ずケージまたはクレートに入れましょう。
  • 万が一、粗相をしてしまったら、必ずお宿の人に伝えましょう。
  • 狂犬病や感染症のワクチンの接種証明書を持参しましょう。
  • トイレのしつけ、無駄吠えさせないなどの、基本的なしつけや最低限のマナーを守りましょう。
  • ノミ・ダニの駆除や予防・抜け毛対策のために、旅行前の身だしなみとして事前にシャンプーをしておきましょう。
  • 慣れない環境で体調を壊すこともありますので、周辺の動物病院の情報を調べておくと安心です。
  • 基本的にはお部屋のみの提供なので、普段食べ慣れているフードやおやつ、食器類、不在時用のケージまたはクレートを必ず持参しましょう。
  • トイレシーツや粘着ローラー・消臭スプレー・カフェマットなど、必要なものも忘れずに!

バックナンバー

こちらもおすすめ

page top